乾燥肌とニキビ

MENU

乾燥肌だとニキビができやすい?!

乾燥肌とニキビとは密接な関係があります。

でもひょっとして間違った認識ではないでしょうか。

 

たとえば「乾燥肌だからニキビはでにくい」
と思っていらっしゃるとしたらそれは間違いなのです。

 

乾燥肌とは「角質層の水分が30%以下の状態」のことを言います。
水分が足りていない状態を言うんですね。
ですのでどちらかというと脂性肌の人にニキビはできやすいので、
乾燥肌とは無縁の気がしますよね。

 

でも乾燥肌だと肌のバリア機能が働いて皮脂を分泌するので、
乾燥してるのに油っぽくなります。
つまり乾燥肌の人は油性肌でもある可能性が高いのです。

 

そうすれば毛穴の汚れがたまりやすくなり詰まりの原因にもなるので、
ニキビができやすくなります。
洗顔をすればニキビが治るとばかりに私も若い頃はしょっちゅう洗っていました。
でもひどくなるばかりで改善しませんでした。
今思えばどんどん皮脂を分泌させていたのですね。

まずは保湿をすることがニキビを撃退できる方法です。

乾燥肌でニキビに悩んでいる場合、

まずは保湿することが肝心なのです。
そうすれば水分量が増えて皮脂の分泌が抑制されます。
洗顔後はすぐに化粧水や保湿美容液を入れてあげましょう。
できれば消炎作用のあるものがベストです。

 

また洗顔をしすぎることも避けなければいけませんね。
できれば朝は洗顔石鹸をつけずに水だけで洗うようにするといいでしょう。
夜しっかり洗顔石鹸を使って汚れを落としているので、
朝はなるべく潤いを残しましょう。

 

ただ、洗顔を怠るとやはり毛穴に汚れが残るので、
夜の洗顔は念入りに・・・。
そして洗顔が終わったら時間を置かずにスキンケアを忘れずに。

 

にきびができたらまず保湿!
このことを忘れず、しっかりスキンケアをしてニキビをできにくい肌にしたいですね。