水を飲んで内側からも保湿を!

MENU

毎日の美容のために新鮮のお水を飲む習慣を!

乾燥肌は、化粧品で水分を肌に与えて潤いが逃げないようにすればいいと思われがちですが、実はそれだけでは肌の乾燥は改善されません。
乾燥肌の人は体内の水分が不足している状態のため、内側からも補ってあげる必要があるのです。

 

人間の身体の60%は水だと言われています。
「コーヒーやお茶でしっかりと水分は摂っている」と言われるかもしれませんが、コーヒーやお茶は利尿作用が強いため、必要以上に身体の中の水を排出してしまいます。
そのため身体は脱水状態になってしまい、乾燥肌が促進してしまうのです。

 

1日に1リットル〜1.5リットルの水を飲めば良いと言われていますが、それだけの量を摂取できていないと、血液はどろどろになってしまいます。

新しい水が入ってこないため、古い水が身体中を巡っている状態になっています。
それが続くとむくみやコリの原因となってしまい、身体の表面の肌にも乾燥が及んでしまうのです。

 

本来、飲む水の量が十分ならばそれだけで肌は自分で必要なコラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分を作り出せます。
しかし、水をしっかりと飲めていないから保湿成分の生成ができないため、足りない分を化粧品から補給しているというのが現状なのです。

 

「浮腫みやすいから水は飲まない」という人もいますが、むくみは水の摂取量が少ないことでも起こります。
腎臓やリンパ腺の機能が低下している可能性もあるため、まずは毎日1リットルは新鮮な水を飲んで体内に入れるようにしてみましょう。