体全体の乾燥にも気を配ることが重要

MENU

お顔の乾燥を改善するには体全体の乾燥にも注意が必要ですね。

お顔が乾燥気味の場合、顔だけでなく体全体が乾燥している場合が多いですね。

なのでお顔の保湿にばかり力を入れても、結局手足などが乾燥気味では、
体全体が乾燥しているので意味がないということになります。

 

化粧品で保湿することももちろん大事ですが、
入浴などで皮脂を取りすぎたり、石鹸が肌に合わなくて手足や背中などが乾燥する場合、
体全体のケアも必要になってきます。
お肌にあった入浴剤や石鹸を選ぶことが大切ですね。

 

またお風呂に入る場合はなるべくぬるめのお風呂に入るように心がけましょう。
熱いお風呂に入ると急激に水分が発散したり、まだ皮膚を傷めることになります。
それこそ本末転倒!保湿化粧水を塗ってもなかなか浸透しません。

 

よく蒸しタオルを顔にのせてその後化粧水を入れると良いといいますね。

この場合もあまり熱すぎると逆効果なので、
気持ちいいくらいの暖かさのタオルでするのがベストです。

 

あとは血行をよくするために食べ物に気をつけるのはもちろんですが、
お風呂に入るときにゆずを浮かべると血行が増進します。
血行が良くなると新陳代謝が活発になってお肌のトラブルが回避されます。

 

また洗い場などで濡れた体に椿油等を伸ばすようにつけると、
体がしっとりと潤うので試してみてはいかがでしょうか。

 

またお風呂上がりにはコラーゲンドリンクやイオン飲料等で、
体全体の乾きを補給するように心がけたいですね。